債務整理中 借入可能

債務整理中は借入・融資が可能?

 

債務整理中は、借入・融資を受けられません。
借金を返済できなくて、債務整理をしている状態で融資を受けることは健全とは言えないでしょう。

 

債務整理が始まったら、おおよそ5年間はローンを利用できないと考えていいでしょう。
信用情報機関に事故情報として登録されるのは、「5年を超過しない範囲」となっています。
「具体的に○年で抹消される」とは決まっていませんが、5年程度だと思っておけば間違いありません。

 

債務整理をすると、ブラックリストに登録されます。
ブラックリストとは、いわゆるペナルティのようなものです。
5年を超えない範囲でローン・クレジットの利用ができないので、それまでは現金でやりくりするしかありません。

 

ブラックリストには、家計を見直すという意味もあります。
債務整理をする方には、やむを得ない事情がある方もいるでしょう。
その反面、ギャンブルやショッピングに依存してしまい、浪費を重ねて借金を作った方もいるのです。
こうした方は、まずは家計管理から徹底しないといけません。
依存症とは、自力で治すことが困難なのです。
精神疾患に属するため、医療機関で治療する必要があります。

 

通常の浪費ならば、家計を見直すことで解決できるでしょう。
債務が膨らんでしまった方は、収入でカバーできる範囲以上の借り入れをしてきたはずです。
収入よりも出費のほうが大きければ、返済ができなくなるのは目に見えています。

 

節約の秘訣は、出費を減らすことなのです。
収入を増やすことは容易ではありませんが、出費を減らすことは意外と簡単です。
ムダ使いをしないように徹底すればいいのです。

 

なお、ブラックリストの期間中であっても、家族や兄弟からお金を借りることはできます。
しかし、この方法はおすすめできません。
借金で一番怖いのは、借りることに慣れてしまうことです。
借金で失敗した方は、借金をしなくてもすむように家計を見直していく必要があります。
ムダ使いをなくし、貯金を増やす生活を意識してみましょう。