債務整理 住宅ローン

債務整理をすると住宅ローンはどうなる?

 

自己破産をすると、住宅を手放さないといけません。
家を守りながら借金をゼロにすることはできないのです。

 

これに対して個人再生は、家を守りながら債務整理できる方法として誕生しました。
消費者金融などの債務を減額して、住宅ローンだけ支払っていくという方法も選択できます。

 

債務整理を行って、ブラックリストに登録された後の住宅ローン契約においては、相当に厳しくなります。
信用情報に事故情報として登録されている状態であり、いわゆる信用がない状態なのです。
住宅ローンなどの高額融資を受けるのは極めて難しいでしょう。

 

債務整理をすると、5年間はローンを利用できなくなります。
これにはカードローンのほか、クレジットカード、住宅ローンも含まれます。
あらゆるローンは組むことが難しくなるわけです。
住宅ローンの場合、新規契約はもちろん、借り換えするのも難しくなります。
低金利ローンが見つかった場合も、乗り換えることはできないのです。

 

自己破産をして住居を手放したあとは、住宅ローンの利用はできませんので、賃貸物件を借りることになります。
この場合は、クレジット決済は避けたほうが無難でしょう。
クレジットとは立て替え、つまりローンと同じようなものなのです。
一時的に借りている状態ですから、ブラックリストに登録されたあとだと、クレジット決済はできないのが普通です。
現金払いに関しては、貸主が納得してくれるケースが多いです。

 

各種ローンの利用をしている方は、おそらく住宅ローンだけは最後まで守りたいと考えるでしょう。
遅延を繰り返して、住宅ローンを返済できなくなれば、競売や任意売却によって家を手放す必要があります。
ローン途中で返済できなくなり、マイホームを手放すほど惜しいことはありません。

 

住宅ローンを利用中の方で債務整理をするなら、その旨を弁護士に相談しておくといいでしょう。
家を守りながら解決できる方法を模索してくれるでしょう。
高齢者ほどマイホームを所有するメリットは大きいのです。