債務整理後 信用情報

債務整理後の信用情報について

 

債務整理をすると、信用情報にデータが残ります。
これは事故情報と呼ばれるもので、債務整理をした旨が記載されています。
任意整理、個人再生、自己破産を行うと、5年程度はローンを組めなくなります。

 

事故情報(いわゆるブラックリスト)は、どんな方法でも消すことができません。
登録から除外されるまで待つしかないのです。
時間以外は解決してくれないため、「ブラックを消します」といった謳い文句には気をつけたいものです。
こうした甘い言葉を投げかけてくる業者は、すべて悪徳です。
「ブラックを消す代わりに、初期費用が○○万円必要」などと言ってくるのです。
弁護士や司法書士などの専門家といえども、ブラックリストを消すことはできません。

 

事故情報は5年程度で消えますが、具体的にいつ消えるかについては、誰かが教えてくれるわけではありませんので、信用情報機関にデータ開示を求めることになります。
開示には手数料がかかりますので、必要がなければ請求することはありません。

 

なお、信用情報にはホワイトと呼ばれる情報もあります。
ブラックの対義語であり、いわゆる利用履歴が真っ白な方です。
履歴が真っ白だと、金融機関としては融資を躊躇うものです。
履歴がまったくないと、逆にローンの審査では不利になってしまうのです。

 

債務整理後は、信用情報の回復につとめるべきでしょう。
永久にローンを利用しないという保証はないでしょう。
住宅ローンや自動車ローンを利用したくなるかもしれません。
そのときのために、信用情報を整えておくのです。
具体的には、よい勤務先を見つけて、勤続することです。
債務整理後に転職し、ブラックから除外されるまでに5年は要します。
それまで勤続していれば、勤続年数5年として評価されます。
勤続年数は3年以上であれば、審査で不利になることはありません。
1〜2年ですとマイナス評価になることも多いため、債務整理後はむやみな転職をしないようにしたいものです。