特定調停

借金解決を特定調停で

 

特定調停とは、債務者自身で手続きをする債務整理の一種です。
裁判所の調停委員が債権者と交渉をしてくれるので、債務整理に関する知識がなくても、借金の整理は可能です。

 

ただし、調停委員は借金解決のプロではありません。
弁護士・司法書士などの専門家のように、スムーズに交渉できるわけではありません。
たとえ過払い金が発生していても、請求することはできないのです。
過払い金が絶対に発生していないという保証はありません。
もし発生していたら、大損することになるでしょう。

 

特定調停は法律家に依頼する必要がなく、報酬を節約できるメリットがあります。
しかし、「過払い金の返還を受けられない」「借金の免除がない」といったデメリットを考慮すると、あまりおすすめできる方法とは言えません。

 

特定調停で借金を解決したあとは、利息をカットした残額を3〜5年で返していきます。
取立てがすぐに止まるのは、他の債務整理と同様です。
また、ブラックリストに登録されるので、5年程度はローン・クレジットの利用はできなくなります。
信用情報に事故情報が登録されるため、新規業者で借金をしようとしても無理です。
ブラックから抹消されるまでは、絶対に利用できないのです。

 

債務整理を検討している方は、任意整理、個人再生、自己破産のいずれかをおすすめします。
これらの手続きの途中で過払い金が見つかった場合は、弁護士・司法書士が債権者に利用履歴の開示請求をして、過払い金の計算・返還請求をしてくれます。

 

過払い金は債務者が交渉して取り戻すことは非常に難しいのです。
弁護士などの法律家ですら、借金問題に精通していないと債権者が判断すれば、足元を見てくるのです。
「100%の返還は無理なので、50%で和解しましょう」などと持ちかけてきて、それに同意すれば、返還額は50%になるのです。
100万円の返還を受けられるならば、50万円しか戻ってこないわけです。
法律家に債務整理を依頼するときは、借金問題の解決数で選ぶようにしましょう。