弁護士 相談

こんな時は、弁護士に相談(債務整理・過払い金)

 

弁護士は債務整理のプロです。
他の法律家も債務整理を行うことはできますが、弁護士はあらゆるテクニックを駆使して、債権者に対抗することができます。
個人再生や自己破産の手続きをするなら、弁護士に依頼するのが最も安心です。

 

弁護士は過払い金返還請求も得意としています。
いちど、過払い金の相談をしてみましょう。
相談は初回のみ無料の事務所が多いですが、なるべく回数無制限で無料にしてくれる事務所を探したいものです。
じっくりと相談する時間を確保できなければ、自身に合った債務整理などわかりません。
有料相談だと債務整理の方法を即決してしまい、あとから後悔しかねません。

 

過払い金の相談の段階では、依頼を決める必要はありません。
あくまでも相談であり、過払い金返還請求をすることで、どのくらいのお金が戻ってくるのか計算してもらいます。
そのうえで、弁護士への報酬を考慮し、依頼するメリットがどのくらいあるのか検討します。
弁護士報酬が5万円で、過払い金も5万円ならば、依頼しても時間がかかるだけ損でしょう。
100万円の返還を受けられるなら、弁護士報酬に30万円かけても依頼するメリットは大きいです。

 

弁護士により、過払い金の解決実績に大きな差があります。
昔から借金問題を専門としてきた弁護士もおりますが、近年の過払い金問題の波及により、新規参入する弁護士も増えています。
過払い金の相談をするなら、以前から債務整理を専門としてきた弁護士に依頼するべきでしょう。

 

弁護士の技量は、債権者との交渉で顕著に現れるものです。
交渉力が高い弁護士ほど、より多くの過払い金を取り戻せるのです。
過払い金にも5%の利息が発生するため、それも併せて請求していく必要があります。
債権者の減額交渉には、強気で拒否できる弁護士が好ましいです。
債権者に同意すれば問題解決はスムーズになりますが、債務者が受け取れる過払い金は減ってしまうでしょう。
最後まで債務者の立場で行動してくれる弁護士を選ぶ必要があります。