弁護士 司法書士 違い

弁護士と司法書士はどちらも債務整理のプロ

 

弁護士と司法書士は、どちらも債務整理のプロです。
近年は債務整理を専門に請け負う司法書士事務所も増えてきており、「債務整理といえば司法書士」というイメージも確立されつつあります。

 

しかし、債務整理においては、両者には権限の違いがあります。
司法書士の場合ですと、債務整理で取り扱える金額は140万円以下となるのです。
140万円を超えるような案件は、取り扱うことができないのです。
例えば、過払い金請求により、300万円の返還を受けられる見込みがある場合は、弁護士に依頼したほうがいいのです。

 

過払い金の金額については、実際に手続きをしないとわからないケースもあります。
実際に依頼してから、具体的な金額がわかるケースも多いのです。
ここで、140万円を超過していることがわかると、司法書士では対処できなくなります。
そのため、最初から弁護士に依頼したほうが、手間・面倒がないのです。

 

弁護士は法律業務全般に対応できます。
弁護士の場合、借金総額に関係なく交渉権・訴訟代理権を有しています。
自己破産、個人再生、任意整理など、すべての債務整理を担当することができます。
司法書士にも交渉権・訴訟代理権はありますが、借金が140万円以下の場合に限定されます。
つまり、借金が140万円を超える場合は、権限が大幅に弱くなってしまうのです。

 

弁護士と司法書士の報酬は、実はそれほど大差がありません。
ほとんど同額となっていることも少なくありません。
弁護士のほうが圧倒的に高額であれば、司法書士に依頼をすることもあるでしょう。
しかし、報酬に大きな差がないことを考えると、弁護士に依頼するべきだと言えます。

 

特に過払い金返還請求をする場合は、弁護士が力を発揮してくれます。
200万円が返還されるような場合、司法書士ならば140万円で和解するしかないケースもあります。
弁護士に過払い金請求を依頼していれば、200万円全額の返還を受けることができたのです。