債務整理 方法

債務整理の方法は5種類あります

 

債務整理には5つの種類があります。
任意整理、個人再生、自己破産、特定調停、過払い金返還請求です。

 

任意整理は、専門家が債権者と交渉をして、借金減額をしていく方法です。
利息をカットして、元金はそのまま支払っていくのが普通であり、債権者側が同意してくれるケースが多い方法です。

 

個人再生は、「任意整理で処理できないけど、自己破産をするまでの借金ではない」という状況で選ばれます。
借金は5分の1まで減額し、さらに家を手放す必要がありません。
現在の家に住みながら、生活基盤を改善していくことができるのです。

 

自己破産は最後の手段として用いられます。
他の方法で借金整理ができない場合は、この方法で借金をゼロにします。
自己破産と聞くと、多額の借金を抱えている方が行うように思われていますが、実際には100万円未満の借金で自己破産をする方もいるのです。
仕事ができない状況にあり、今後の収入の見通しがつかないならば、借金総額に関係なく返済は難しいでしょう。
任意整理・個人再生の場合は、3年くらいを目安として減額後の借金を返済していく必要があります。
そのため、ある程度収入のある方でないと無理なのです。
無収入でも借金を解決できる点においては、自己破産は最も敷居が低い方法とも言えるでしょう。

 

特定調停は、債務者が裁判所を通して、債権者と交渉して借金を解決する方法です。
調停委員がサポートしてくれるので、債務者と債権者が1対1で話し合うことはありません。
特定調停和解後は、借金の利息をカットして、元金を3〜5年くらいで返済していきます。

 

過払い金返還請求は、払いすぎた利息の返還を受ける手続きです。
他の債務整理をしているときに、過払い金の発生がわかり、返還手続きに移行するケースもあります。
過払い金で借金を相殺し、さらに返還を受ければ、思わぬ臨時収入を得ることができます。
借金がなくなり、さらにお金が戻るのですから、状況によってはどんな債務整理よりも効果的です。